3Dプリンターと3DCAD

FLASHFORGE ADVENTURER3のノズル詰まりの直し方

概要

今日はロボットアーム編の続きを書いていこうと思ったのですが、3Dプリンターのノズルが詰まって作業が止まってしまったのでノズル詰まりの直し方でも書いていきます。

ノズルが詰まっている兆候として、私は以下の兆候がありました。

  1. プリント面が一部荒い所がある
  2. プリンターからガタンガタンという音がする。(正常にフィラメントを送れていない)
  3. 一番最初の外枠をプリントする時に失敗する

写真での説明が多くなるので、いつか動画でもアップしてみます。

パパっと直すします

まずは3Dプリンターの扉を開けます。この時に必ずプリント中に作業は行なわないようにします。


道具を準備していきます。FLASHFORGE ADVENTURER3にはメンテナンス用に六角レンチとグリースとノズル詰まり解消用の棒が付属で付いています。今回は ノズル詰まり解消用の棒(T字型の棒)を使っていきます。

まずは、作業し易いようにヘッドの位置を調整します。操作パネルより「ツール」を選択します。

「ツール」を選択したら「設定」という項目がでるので選択します。

「設定」を選択すると選択画面下にページ数があると思うのですが、操作して2ページまで移動します。2ページに移動すると「移動」という項目があるので「移動」を選択します。

3Dプリンターのヘッドの位置を調整します。まずはX方向にヘッドを移動させます。目安として真ん中に来るようにします。次にZ方向にヘッドを移動させます。なるべくプレートに近づけます。大体の位置は写真のようになります。

フィラメントとヘッドを繋ぐ管を外します。外し方はヘッドの上部の真ん中にある黒い部分(ヘッドと管を繋いでる部分)を下に押しながら管を引くと外せます。

管からフィラメントが飛び出していると思うのでハサミやペンチで切ります。残しておくとヘッドに挿し直す時に邪魔になります。

詰まっているフィラメントをノズルの外に出します。写真ようにノズル詰まり解消用の棒を底まで挿します。ノズルが詰まっていると底に突くまでにネットリとした抵抗があります。ここで私なりのコツで、フィラメントが出なくなってもしばらく挿したり抜いたりを続けることです。微量ながら出続けます。

少し見にくいですがフィラメントがでてます

終わったらヘッドに管を挿します。挿し終わったらヘッドの位置を初期位置に戻します。

実際に正常にフィラメントがノズルから出るのかテストします。操作画面から「樹脂交換」を選択します。「樹脂交換」を選択したら「押出」とあるので選択します。自動的にノズルからフィラメントを押し出します。

実際に成功したら下の写真のようになります。

完了!!! o(・∇・o)(o・∇・)o

ノズル詰まり直しは簡単

今回は急遽、ノズル詰まりの直し方について紹介しました。

私は初期の頃やり方がわからず1時間以上、直すにかかりました。慣れた今では10分程度で出来ます。結構ノズルは詰まるので直ぐに上手くなります( ´∀` )

次回はロボットアームの掴み所編をやっていきます。